群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

フレイル

 フレイルとは、「加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態であるが、一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態像」と定義されます。

 難しいので一言で、虚弱ということです。

 海外の調査ですが、以下の5項目のうち、3項目に該当するとフレイルとされます。
 内容は以下をご参照ください。

イメージ 1

 2と3は、「はい」の場合、該当しないと考えてください。(わかりにくくてすみません)

 この虚弱の割合は、年齢を重ねる毎に症状が現れる割合が増えていきます。80歳以上では1/3を超えています。

イメージ 2
 
 このフレイル、様々な疾病が起因となるようですが、2年追跡すると以下の割合で「要介護」状態になるそうです。
イメージ 3

 最後に絵は小さいですが、草津町のもの。年齢とともに生活が自立している割合は当然下がっていきますが、フレイルとそれ以外で12年後の自立割合がこんなに違います。
 フレイルなしに比べ、半分から1/3以下の割合しか自立していません。

イメージ 4

 フレイルに陥らないよう、上の5項目に該当しない生活を送りたいものですね。