群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

『2月 ☆セラピスト交流会☆ 』


 みなさん、こんにちは(*^O^*)

 まだまだ、寒い日が続いていますが、体調いかがですか??

 先日、セラピスト交流会が吾妻東整形外科にて行われました。


 セラピスト交流会は、吾妻郡内に勤務しているリハビリスタッフが参加し、勉強会を通して交流を深めています(*^O^*)

 

イメージ 1
 
今回は、吾妻東整形外科の理学療法士の齋藤将也さんに『腱板断裂概論と術後アプローチ』、理学療法士の土屋翔さんに『WBIの測定方法について』の講義をしていただきました。
 

腱板断裂術後のアプローチのポイント、

WBIWBIとは体重当たりの膝関節伸展筋力を体重支持指数として表したもの)と歩行自立の関連の報告もあり興味深かったです。
どちらの先生の講義も分かりやすく、すぐに臨床で実践出来そうです。

 

当院でも肩の腱板損傷後のリハビリを入院や外来で行っていますので、今回の講演はとても勉強になりました。

お忙しい中、開催にあたり準備していただきました吾妻東整形外科の皆さん、ありがとうございました。

担当記者:PT竹渕