群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

寝るとき気をつけること

イメージ 1
 下腿の外側には、浅・深腓骨神経といわれる神経が皮膚の近くまで出ているところがあります。

イメージ 2

 この絵では右脚ですが、つま先が外側に向いたままで長時間この神経が圧迫を受けると、腓骨神経麻痺になることがあります。

イメージ 3

 この麻痺が出るとつま先が下がり、このような歩き方になってしまいます。

 当院でいえば、walkaideのような電気刺激装置もこの場合には利きません。

 従って、これには予防が大切です。脳卒中後の患者さんや、普段からつま先が外側に向きやすい人は注意が必要です。

 膝の下にタオルを挟むなどして、下腿の外側の部分が圧迫されないようにしましょう。

 くわしくは看護師さんにご相談ください。