群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

すべり、つまづき、踏み外し

少し怖い話ですが、転倒転落による死者数は年々増加しているようです。
最近では交通事故を上回るようになってきました。

イメージ 1

ここには健常者や障害を持った方など、様々な方が含まれますが、転ぶことによって亡くなる人が増えていると共に、怪我をされている方も増えているはずです。

従って毎年かなり多くの人が、転がって亡くなったり、怪我をされたりしていますので、転倒を防ぐことが大切です。

転倒の原因として、つまずき、すべり、予期せぬ段差などが挙げられますが、まずは目でしっかり確認できるよう、全体を明るくしておくことも大事なようです。

話は変わって年齢別の転倒転落による死者数です。
イメージ 2

年齢を重ねる毎に比率が増え、全体の83%を65歳以上で占めています。
自分は若いつもりでいても、高齢になるにつれ、なくなる方が増える事実。
こういうモノが冷静に見られる方は、転倒転落事故を起こすことも少ない事でしょう。