群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

ビー玉つかみ

厳しい寒さもそろそろ終わりそうですね!

もう少し暖かくなったら、桜をみながらゆっくり散歩も良いですよね♪

散歩つながりで今回は、歩行にも関係する自主トレメニュー

「ビー玉掴みエクササイズ」のやり方・効果について記事を書こうと思います!!

 

ビー玉掴みエクササイズのやり方

 

①まず容器を足元に2つ用意して、左右どちらの容器でもいいのでビー玉を入れます。


イメージ 1

②足の指でビー玉をしっかりと掴んで・・・・


イメージ 2

③あとはこのように足の指でビー玉を掴み反対側の容器に入れるだけ!


イメージ 3

とても簡単です!!

簡単といいましたが、足の指のちからが弱い人にとってはとても難しいエクササイズです。

これをやることによって足の指の筋力が鍛えられます!


足の指をしっかりと動かすと、土踏まずを構成している筋肉などのトレーニングとなり外反拇趾・扁平足の予防にもなります。


また、足の指がしっかり動くことで足の指で踏ん張れるため、バランス能力が向上し転倒予防につながります!

 

皆で転倒予防しましょう(^^)/~~~


担当記者PT茂木