群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

物理療法室の紹介です

毎日寒い日が続きますね。
先日はリハビリ室から見える所に猿がひょっこり現れ、お母さんにぴったりくっついた赤ちゃん猿の可愛さに患者さんと一緒に癒やされました。
さて、
今回は2階のリハビリ室の一角にある物理療法室の紹介です。


イメージ 1

温熱や電気などの医療治療器があります。
具体的には、ホットパック、マイクロ波治療器、低周波治療器、高電位治療器を使用しています。
 
人気のある温熱療法。
温熱療法には循環の促進、痛みの緩和、筋肉の硬さの軽減などの効果があります。
そして深達性の面から表在を温めるもの、深部を温めるものに分けられます。
症状発症からの経過期間、炎症の有無、治療部位や深さなどの状況に応じて、
個々の患者さんに合った内容を選択しています。
移動可能な超音波も使用する事があります。
運動療法に加えて物理療法を行うことでリハビリの効果を上げています。

イメージ 2

ここにいてお手伝いをしてくれる職員の1人、島村さん☆
リハ部の母です。
いつも明るい笑顔とトークで元気と癒しを与えてくれます(^^)
 
担当記者 藤田