群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

『HAL 学会で発表してきました!その2』

前回の長谷川さんの発表に引き続き、稲垣さんの報告です。

 

タイトル

ロボットスーツHALにおける電極貼り付け位置と検出される生体電位信号の関連とその再現性の検証』

 

HALは装着者に貼り付けた電極から生体電位を検出し、装着者の運動意図に従った運動をアシストする装置です。装着時に電極を貼り付けますが、高い生体電位を検出することでバイオフィードバック訓練において確実な出力発揮が得られるため、その電極の貼り付け位置の違いが、生体電位の検出にどのような関連を持つか報告しました。

結果、今回の報告では生体電位の検出において適している位置は示せましたが、生体電位の検出をしやすくかつ再現性の高い貼り付け位置は明確に同定することは出来ませんでした。今後研究を続け、再現性の高い貼り付け位置の同定を試み、より良い効果を得られるよう頑張りたいです。

 

患者様の笑顔のために、今後も色々なことにチャレンジしていきます!!

 
イメージ 1

左:長谷川さん 右:稲垣さん  頼りになる2人です☆

 

担当記者 藤田