群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

今年も感染対策の時期となりました。

 患者さんのインフルエンザ発症が数例みられたため、外来リハビリを中止し、面会制限を行っています。

 ご不便をお掛け致しますがご協力お願い致します。

 来週月曜まで面会制限、外来リハを中止し、完全フロア完結型のリハビリを施行しています。

 医療体育が個別対応するというかつてないリハビリも施行しています。


イメージ 1

 一般的にインフルエンザのハイリスク群と言われる方々が上の表です。
 
 65歳以上の高齢者で合併症を有する方を合わせるとかなり高い割合で入院されている患者さんが該当します。患者さんのインフルエンザ罹患により重症化するケースを防ぐ・・・このような理由で感染対策を施行しています。

 予防に勝る治療なしと言われますが、まさに感染症もその好例です。

 インフルエンザ罹患中の数例の方を除いては、みなさん元気にリハビリを行って居ますので、面会制限で会えないこともありますが、ご安心いただきたいと思います。

 外来リハ通院中の方にもご迷惑をお掛け致しております。来週の正常化に向けて努力しますので、今しばらくお待ちいただけますようお願い致します。