群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

回復期リハビリ病棟選び

今年になってからだったと思いますが、
回復期リハ病棟協会で行った実態調査の結果を公開しています。
今年も同様の調査を行っていますので、今年度分に更新されると思います。
是非参考にしていただきたいと思います。

イメージ 2

回復期リハ病棟協会に所属する病院の一覧です。
http://www.rehabili.jp/map/mc3.html
こちらにアクセスしてから、左側の情報公開という文字をクリックすると、PDFが開きます。
すると、この絵がでます。

イメージ 1

上の方には全体の従事者人数があり、中盤は対象疾患の分類と、平均在院日数、自宅復帰率等が記載されています。

また、下の方には8-9月に退院した患者さんへのリハビリ提供単位数が記載されています。

当院は7単位後半の数字が書かれていますので、全体的に2時間半以上のリハビリが提供されているということです。(1単位20分で計算します)

実態調査に協力していない病院はわかりませんが、結果を見せていただくと、リハビリ提供時間も当院は県内トップクラスです。

今後も研鑽を続け、リハビリをしたい患者さんの味方になれるよう頑張りたいと思います。