群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

第1回群馬HAL研究会開催!

9/27に群馬HAL研究会が玉村町文化センターにて開催されました


当日は146名の方々にご参加をいただき、大盛況に行えました。


イメージ 1

当院からも日頃のHALの成果を症例報告として伝えることができました。


ご準備いただきました角田病院の皆さん、須藤病院さん大変お世話になりました。



イメージ 2

本研究会は 群馬県内に導入している病院・施設を中心に本年7月に発足されました。


研究会の目的

①医療・介護分野においてHALを臨床応用していく為に、HALの有効性、安全性、効率性について検討する。

HALの研鑽と症例発表を行う事で、知識・医術の向上を図る。

③今後のロボット産業やリハビリテーションの医療ロボット活用に貢献していく。

 

今後もHAL研究会を通じて、一緒に研鑽を深めていきたいと思います