群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

walkaide効果は

WAの4日間の変化ということで、以前にお知らせしましたが、

静止画ではわかりにくいというご指摘をいただきました。

https://www.facebook.com/rehabilitation.gunmarehabilitation/videos/458569517683017/

左がwalkaide使用前、右が使用後です。

足関節の安定性がますと、

歩行時の下肢振り出し幅が大きくなるようで、

同じ10m歩行路を歩いていますが、スピードが全く違います。

下垂足や短下肢装具を使っている方が適応です。
装具を外して歩いてみませんか?