群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

AD(アルツハイマー型認知症)患者の睡眠障害

年に11回ほど、群馬県医師会報に寄稿していますが、

少し前に認知症について書きました。

アルツハイマー認知症に関する睡眠覚醒障害について留意すべき点を挙げましたので、ご利用いただければ幸いです。

AD
患者の睡眠覚醒障害に推奨されている項目

a.   食事・就寝・起床時間を規則正しく維持すること


b.   朝日を浴びる


c.    規則正しく毎日運動するように促すが、入床前4時間以降は運動しない


d.   アルコール、カフェイン、ニコチンは避ける


e.    疼痛(痛み)があればすべて治療する


f.    コリンエステラーゼ阻害剤の内服は就寝前を避ける


g.   寝室を心地よい温度にする


h.   終夜灯(足下を照らす)や危険防止(手すり等)のための物品を用意すること


i.     ベッドは睡眠だけに用いる(昼間から寝ない)


j.     眠れないときはテレビを見ない