群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

walkaide活用中です

Walkaideはつま先が上に上がりにくい麻痺をお持ちの方に、


電気刺激でつま先を持ち上げ易くするための機器です。


脳卒中や脊髄損傷、腓骨神経麻痺などの症例が対象となります。


先日、帝人ファーマの理学療法士に来院いただきました。


イメージ 1

担当療法士も今回初めてwalkaideを使うため、


機器操作に難渋していましたが、


電極の貼り付け位置や、

周波数の変調により入力されやすい方法についてご指導いただきました。


イメージ 2

後方の電極は腓骨小頭に半分程度掛かる位置に貼り、


前方電極は、位置を離すことで深達度が高まり、


近づけることで浅い刺激となるとのことで、


症状に合わせての微調整が必要になります。


また、周波数に関しても通常設定のものだけでなく、


高めることで刺激量も強く出来ることが学べ、


非常に有意義な時間となりました。

10月中旬には東京でuser's meetingが開催される予定ですので、

またそこで新たな知見も仕入れてきたいと重います。


ご協力いただいた患者さん、帝人ファーマの皆さん、


ありがとうございました。