群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

新型HAL導入

HAL-FL05の安全使用講習会を開催しました。

イメージ 1
開催直前の様子

これにより、今日から新型HALが使えるようになりました。

今までの福祉用と違い、医療用をベースにしていますので、

作りは重厚で、生体筋電も以前のものよりも、弱い電位でも対応できるとのことです。

イメージ 2

コンピュータは付属しないので、コントローラのみでの制御となりますが、

サイバニック自律制御というモードも付きましたので、電極がなくても自律的に動いてくれます。

イメージ 3

従って、今までのものよりもより重度な麻痺をお持ちの方にも、適応が広げられそうです。

安い機械ではないので、是非壊れるまで使っていただきたいと思います。