群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

HONDAが歩行アシストを発表しました

「Honda歩行アシスト」を発表

 Hondaは、歩行のリハビリテーションを支援する歩行訓練機器「Honda歩行アシスト」を、全国の病院やリハビリテーション施設などを対象にリース販売します。リース販売の開始は11月を予定しています。

 Hondaは、より多くの人に移動する喜びを提案するために、ヒューマノイドロボットASIMOで培った歩行理論をもとに1999年より歩行アシストの研究を続けてきました。2013年からは台数限定で全国約50の病院や施設のご協力のもとで先行使用をしていただき、機能の最適化を進めてきました。
 今回、より多くの病院・施設でご使用いただけるよう、リース販売を開始します。

 Honda歩行アシストは、二足歩行理論である倒立振子モデルに基づく効率的な歩行を誘導する機能を有し、医師・療法士の指導の下で歩行訓練にお使いいただく機器です。

イメージ 1 イメージ 2

●リース販売計画台数(国内・初年度)450台
リース価格月額45,000円/台、3年間のリース契約
(定期保守点検1回/年と実機講習会費用(2名)を含む)
●主な特長
  • Honda独自開発の薄型モーターと制御システムにより小型軽量化を実現
  • シンプルなベルト機構の採用で、より簡単に装脱着が可能
  • サイズ調節可能なフレームの採用で、幅広い体格の方が使用可能
  • タブレット端末(コントローラー)で、使用者ごとの歩行の特徴、訓練状況を可視化できる計測機能付き
  • 3つの訓練モードが設定可能
  • 1)追従モード:装着者の歩行パターンに合わせて歩行動作を誘導
  • 2)対称モード:装着者の歩行パターンを基に左右の脚の屈曲、伸展のタイミングが対称になるように誘導
  • 3)ステップモード:歩行中の重心移動をスムーズに行うロッカーファンクションの機能回復ができるよう繰り返しステップを誘導
※ロッカーファンクションとは、踵→足裏→つま先と重心移動をスムーズに行う脚部の動作です

<リース販売に関するお問い合わせ>

汎用パワープロダクツ事業本部事業管理室
Honda歩行アシストカスタマーセンター   電話:048-462-5102


あの歩行アシストが病院や施設で使えるようになる日が来ました。

といってもほとんど同じものですが・・・

当院は2年の先行使用実績があります。脳卒中や、脊髄不全損傷、人工股関節全置換術後の症例を中心に実績を持ちます。たかが機械と侮ることなかれ。