群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

リハ部プロジェクト(ドライブシミュレータ)

 障害をお持ちの方の自動車運転復帰支援の一つとして、

平成25年9月から、HONDA社製の

ドライブシミュレーター「セーフティナビ」

を導入しました。


イメージ 1

 リハビリテーション中の方が、作業療法士などと一緒に

自動車での運転復帰に向けて評価・訓練をサポートするためのソフトで、

机上に、ディスプレイが3台あり、

ハンドルを握れば、実際に運転しているような臨場感を体験できます。


 当院では、ハンドルやブレーキの操作性から、

急に飛び出してくる障害物(車や人間など)を避けることができるか等を、

評価・練習しています。


 また、退院後、運転再開の有無と

ドライブシミュレーターとの関係を調査研究し、

群馬県作業療法学会にも発表を行いました。


イメージ 2

 今後も、ドライブシミュレーターを活用しながら、

自動車運転再開に向け、日々研究を行っていきたいと思います。


OT SS