群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

プロジェクト(テクノエイド)

テクノエイドとは、障害を持っている方々の自立を支援する福祉機器や用具のことを言います。

 当院作業療法部門では、多くの方の自立支援や機能訓練のために、テクノエイドを多数そろえています。しかし、それらを上手に活用するには、道具の機能や使用方法をマスターした上、独創性をもって活用しなければなりません。

今回、まずは職員教育を兼ねた道具類のマニュアル化と整理を行いました。

イメージ 1


進化するテクノエイドと共に作業療法士も勉強していますので、福祉用具等で困っていることがあれば、何なりと作業療法士にお尋ねください。


例えば、こういうことです。

ポータブル スプリング バランサー(PSB)はスプリングの張りを使うことで腕の重さを軽くして、わずかな力でも自身の腕を動かすことのできる装具です。
また、腕を支える力は内蔵スプリングを調整することにより、症状等に応じて自由に変えられます。


イメージ 2