群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

日本リハ医学学術集会で演題発表しました

詳細は後日、機会があればしたいと思いますが、

イメージ 1

こんな形でポスター発表してきました。

雰囲気はこんな感じです。

イメージ 3

当院としては、新たな療法のヒントがないかの情報収集にもアンテナを張っています。

イメージ 2

来年の予定ですが、TEIJINがREOGO-Jという、

上肢のロボットを発表していました。もともとはイスラエル製のようですが、

日本人用にカスタマイズされています。

導入を検討したいと思います。