群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

歩行アシストの効果検証

歩行アシスト使用者40例を突破しました。
これをつけるとわずか20分で2000歩を超え、歩く方もいらっしゃいます。
つわものですね。
今回は整形外科、脳卒中などすべて混ぜて平均で表現しています。

また、アシストは外して計測しています。

イメージ 1

矢印がなくなってしまいましたが、約10.8%スピードが上がっています。

イメージ 2

歩幅は1歩あたり3cm拡大しています。

あまり大きな変化に感じられないかもしれませんが、

アシスト使用期間はわずか10日間、1日あたり20分以内ですし、

股関節術後の方も多く含んでいます。いかがでしょうか?

来年から歩行アシストがモデルチェンジします。

詳細はまた後日。