群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

随意運動介助型電気刺激装置(IVES)導入しました

随意運動介助型電気刺激(IVES:Integrated Volitional Control Electric Stimulation)を導入しました。

イメージ 1

名称はわかりにくいですが、

イメージ 2

末梢神経の電位を拾って、
目的の筋肉を直接電気刺激して筋活動を起こさせるものです。


イメージ 3


使っていただいた患者さんにインタビューしたところ、

”手を使ったときの肩・首のハリが、使う度に減ってきた”

”指が伸ばしやすくなる”


との事でした。

作業療法士は、

”手背屈と手指伸展が全く違います。訓練後も効果がしばらく継続します”

と話しています。

訓練で使えるようになった手を、実生活でどのように使っていくかが大切ですが、

まずは喜びの声が聞かれています。