群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

讀賣新聞2013年12月1日

昨年の話で恐縮ですが、
新聞に回復期リハビリが特集されました。
当院の院長もインタビューを受け、
良くまとめられていたと思いましたので、
御紹介します。

イメージ 1

イメージ 2


数字は、左から病床数、脳卒中へのリハビリ提供単位(一単位20分:8単位では2時間40分)、整形外科疾患へのリハビリ提供時間、丸は週3回以上の入浴。夜勤看護師数は割愛した。
隣の栃木県の方が病棟も大きく、入浴の回数も多いように見えるが、実は我が群馬県の方が、人口比、ベッド数ともに上をいっており、北関東3県でも回復期リハ病棟の充足率は一番高いようだ。