群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

大雪の余波が続いています

雪による交通事情悪化により、

今日現在、入院患者さんについても、通常よりも時間を短縮して

リハビリを実施しております。

除雪の遅延による駐車場設備の不足や、道幅減少が減少し、

国道、県道の通行に支障が生じています。

交通量の負荷を減らすことを目的に、

時間差出勤や、乗り合わせ等も行い、対応しておりますが、

まずは最低限の医療面での確保を考え、

医師、看護師の出勤を優先しています。

できる限り早く、通常の状態に戻したいと考えておりますが、

いまだに、学校等の教育機関も閉鎖を続けており、

子を持つ親としても、出勤しにくい状況にもあります。

公共交通機関も当然、十分な稼働がなく、

渋川、前橋からの出勤には、今日現在、通常の2倍以上の時間を要しております。

このように交通事情が悪いこともあり、外来リハビリについては、

今週中はお休みとさせていただきたいと思います。

大雪による交通事情の悪化とはいえ、皆様には大変ご迷惑をおかけいたします。

誠に申し訳ありません。