群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

理学療法士追加募集!

詳しくは病院のHPを参照いただくか、
電話で問い合わせていただきたいと思いますが、
理学療法士の若干名の追加募集を行います。

回復期、療養病床、老人保健施設集団療法に関わることができますし、
六合地区の2次予防事業に協力もしています。

回復期では365日同じ体制で勤務をしており、
早出ADL介入も実施しています。

また、地域リハ広域支援センターも併設していますので、
各事業所へのリハビリ指導や介護予防普及啓発事業などで、
スキルアップを図ることもできます。

先進的なリハビリについては、Hybrid assisted limb や 
HONDAリズム歩行アシスト昨年から導入され、
簡易型のDrive Simulator も導入しています。
BWSTT(体重免荷式トレッドミル)や、
病院には珍しいらしい?足漕ぎ車いすもあり、
今年はプロジェクトとして、院内発表を予定しています。

医療体育部門もリハビリ部門として併設していますので、
水中運動療法リハビリテーションスポーツなどへ
関心を持つこともできます。

今後はIVESも導入を検討しており、
反復促通療法を含む、伝達講習の実施も頻繁に行われています。

年1回以上の公費出張で、研修会への参加も可能です。

1月27日が申込締めきりのようですので、
希望者はお早めに確認ください。

作業療法士言語聴覚士についても期限は設けていませんが、
引き続き募集を行っています。

またの機会に載せたいと思いますが、
STからは、県内初の回復期リハ協会認定セラピストマネジャーが誕生しています。