群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

歩行アシスト・結果でました!

県学会で発表してきました
イメージ 1


緊張しましたが、何とか発表できました。
序言は割愛しましたが、脳卒中の患者さん(麻痺は軽め)の15日間歩行アシストを使った結果です。

イメージ 2



動画解析で足が床についている時間を比較しています。

イメージ 3
最初と最後の比較では、wilcoxon検定で有意に差がみられました。

イメージ 4
歩行スピードが速くなってしまっているため、一歩行周期(重複歩時間)の割合で比較しています
時間で比較すると確実に両方とも短くなっていることでしょう
片足で立てる時間が増えているので、歩行安定性が増しています。
次に、
二人目は人工関節の患者さんです。

イメージ 5



歩行アシストは機構上、全く毎日同じ位置に設置することが難しいので、屈曲伸展の角度を別々に計測せず、挟み角とし、足の開き具合で調べてみました。

イメージ 6

左のグラフでは、数値が下がっていますが、10m歩行の結果なので、数値が下がった方が改善したことになります。
骨盤の動きを伴った歩行が癖になっている患者さんには効果を発揮しそうです。

イメージ 7


当院には、HALもあります。
同じ、歩行アシストの装置でも、得意とする分野や症例には違いがあります。
これを上手に棲み分けて、できるだけ多くの患者さんが歩行自立できるよう努力を続けていきたいと思います。