群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

アシスト歩行遂行中

イメージ 1
当院の歩行アシストブラザーズです。
施行開始後一ヶ月経過し、使い方もかなり慣れました。
来月の県理学療法士学会では、これの効果について右の彼(YODA君)が
発表する予定になっています。
脳卒中の患者さんでは、動きにくい方の足が接地している時間が延伸し(安定性が上がる!)、人工股関節置換術後の患者さんでは、歩行時の股関節、屈曲伸展角が拡大し、ダイナミックな歩き方ができるようになるそうです。
歩行スピードは、整形内科問わず速くなっているようです。