群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

実習

 群馬大学医学部チームワーク実習を今年は実地でお受けしました。

 

 ここ2年くらいは、ZOOMで講義する形式をとらざるを得ませんでしたので、やってみたら新鮮でした。

 

    嚥下調整食の試食です。実習生の要望で実現しました。

 

       理学療法の役割、意義について熱く語って?います。

 

      

               HALの使い手F氏

 

 最近オンラインでしていたので実習生に直接話す事ができる機会は楽しく感じました。

 私はリハの説明はせず、温泉及び温泉棟のお話をさせていただき、浴槽への入浴は、疲労の回復に繋がるという話をしましたし、また、昨今の大学生は浴槽で体を温める習慣を持っていることも知ることができました。美容のためにも良いですし、疲労回復も容易になります。

 

 また、男子学生とは足湯を体験し、わずか2分の入浴でも、やはり沢渡温泉は、さっぱり感が違うことを、学生さんと確認しあうことができました。

 

 今日の実習を通し、良いチームとはどういうものなのか考え、将来自分達がチームを形成するきっかけとしていただきたいと思います。

 

 指導者も、学生さんも今日一日大変お疲れさまでした。

 

 浴槽に15分くらい浸かって、入眠時の深部体温を下げて、快適な眠りをいただきましょう。

 

                            記事担当:部長さかもと