群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

研修会、学会

 以前のブログでは、「研修会に行って、~が勉強になりました」とか「研修先でこんなもの食べました」とか紹介する記事が、多くあったように思いますが、最近は絶滅しましたね。

 

 それも、コロナ禍が影響しているんですよねきっと。

 

 昨日に続き、昨年度の検証報告をしたいと思いますが、今日は研修会、学会、学会発表などの学術活動です。

 

 患者さんに対し、技術などのOUTPUTを増やすには、このような場面でのINPUTも非常に大事です。

 

 

 「奥さんに美味しいものを食べさせると、料理が上手になる」みたいなことだと思います。

 

 良い研修を受けてくると、良い療法士になる土台がつくられてきます。

 

 さて、昨年もコロナで、かなりの行動制限を受けましたが、何ができたか報告します。

 

 まず、学会参加ですが、24件という結果でした。

 

 次に、学会発表は、11件。これ以外にも、ユーザーセミナーで発表したり、大腿骨頸部骨折の会議で講話を行ったりと、みんな活躍してくれました。

 

 

 最後は、ウェブ研修ですが、52件実施しました。

 

 

 集合研修が実施しにくく、感染対策も考え、自宅でのテレワークとしてもらいました。

 

 よく考えたら、当院もテレワークを実施していたようです。

 

 コロナ禍でも、やれることはまだありそうです。

 

 .......

 言い忘れていましたが、回復期リハ病棟協会研究大会で、当院の発表演題が表彰を受けました。

 

 山﨑紳也主任が行った報告ですが、喜びの言葉は本人が自ら記事にしてくれると思います。

 

 おめでとうございました。

 

                      記事担当:さかもと