群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

STだって呼吸リハビリを!

STの高柳です。よろしくお願いします。

 

 今回は、「呼吸」について記事を書きました。

 普段何気なく行っている食事は呼吸状態が悪くても誤嚥をしてしまいます。

 実は、飲み込みと呼吸は密接に関係していると言われています。

 今までは理学療法士作業療法士がメインで呼吸のリハビリを行っていましたが、近年では言語聴覚士も呼吸のリハビリに携わる機会が多くなっているようです。

 

 

 この半年、患者さんと関わらせて頂いて、自分も呼吸器の勉強をしたいと思い、4月に研修会を受けてきました。今日はその中から1つ。自宅で1人でもできる呼吸筋のストレッチを紹介します。

 

       画像は週刊朝日 2019年1月25日号より

 

 これを行うことで、胸の動きが広がり一回に喚起される量が増えることで呼吸もスムーズになるようです。

 

 気になる方は「シルベスター法」で是非調べてみて下さい。  

 

                   記事担当:ST 髙柳