群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

「電動車椅子の試用」

 電動車椅子は外出する際の足の代わりとしても使用されます。

 

 最近では、屋外で自走する方を見かけることも増えました。

 

 今回、この電動車椅子に乗ってみた患者さんの感想をお聞きしました。

 

f:id:sawatarispa:20211215090126p:plain


 こちらの電動車椅子は、レッグサポートの奥行きの調整、レッグサポートの縦横位置の調整、アームポートの高さ・角度調整、アームサポートの前後位置の調整、座面の奥行きの調整、座面の高さの調整、操作レバーの交換(オプション)、杖ホルダー・ボンベホルダーの取り付けなどもできます。

 

 難しいパーツの用語を並べてしまいましたが、患者さんの状態に合わせて様々な調整ができるということです。

 

 さらに、奥行きの前後位置の調整、背張りの調整を行う事もできて、ヘッドサポート高さや頭部の前後左右の回転角度の調整も行う事ができ、座る姿勢まで微調整が可能です。

 

 この車椅子。国際福祉機器展では見た事があるのですが、実際に患者さんが使っている所を見るのは初めて。

 患者さんの感想もお聞きする事ができたので、とても勉強になりました。

 

 感想を以下に示します。

 

 「背もたれが倒れて足が上がるようになるからとても便利」

 「足を降ろしたり上げたりをしてもらわなくても大丈夫だから良い」

 

 起立性低血圧(座っていても起きます)が起きやすい方なので、時々背もたれを倒し、脚を上げて症状が治まるのを待つことがあります。これを人に頼むのが心苦しいので、こういう発言をされたようです。

 

 さらに、

 「狭い場所を通る時が難しい」

 「これは練習しないとできないだろう」

 「自宅に帰った時に廊下を通る事ができるのか」

などの発言もありました。

 

f:id:sawatarispa:20211215095854p:plain

 

 もちろん多くの練習が必要ですが、練習を積んだ後、この車椅子を自宅に持ち込んで改修した自宅での試用も必要です。

 その際には、福祉業者やケアマネジャーさんとの連携も重要となるでしょう。

 

 入院中には、介護保険を利用しての電動車椅子のレンタルはできませんので、今回のように福祉業者からお借りできることに感謝したいと思います。

(借りている期間は院内で練習できます)

 

 実際に電動車椅子を自走している患者さんの表情をみると、自分で自由に動かすことができるためか、普段のリハビリのときよりも、さらに生き生きしているようにみえました。

 

 患者さんが自宅に帰った時に上手に生活できるように、今後も他職種と協力しながら自宅復帰の準備をしていきたいと思います。

 

                     記事担当:OTみうら

 

 今回の車椅子、下記の福祉業者からお借りしました。

f:id:sawatarispa:20211216162355p:plain

問い合わせ先

株式会社フロンティア 群馬営業所

https://www.frontier-ph.com/main.cgi?c=5/3/3/5:4