群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

食べてすぐ寝ると

 牛になるよというのが、古のことわざですが、

 

 今日は筋蛋白の合成速度のお話をしたいと思います。

 

 

 食べてすぐに仰向けで寝てしまうと、胃の中身が胃を通過しにくくなり、

 

 小腸に流れにくくなるそうです。

 

 これは胃の形状と、傾いている方向によるもののようですが、

 

 座っていたグループより、寝ていたグループの方が、内容物が胃を通過する時間が長く、結果、血中アミノ酸濃度が低く推移することが指摘されています。

 

f:id:sawatarispa:20210916184252p:plain

アミノ酸

         寝ているの男性のイラスト(睡眠) | かわいいフリー素材集 いらすとや

 血中アミノ酸濃度が低いということは、筋タンパク合成が弱まるということであり、筋肉がつきにくくなると言えます。

 

 食べてすぐ寝るのは、物理的にも筋肉がつきにくい体になりやすいようですね。

 

 

                             記事担当:PTさかもと