群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

作業療法に日本の伝統文化を

みなさん、こんにちは。

今回は患者さんが折紙で素敵な作品を作ってくださったので、ご紹介させていただきます。

ですがその前にリハビリを行う上で折紙の特徴をご説明したいと思います。

 

まず折紙をリハビリで使用する場合、高齢者の方々に行うことが多いです。

ではなぜ折紙を取り入れるのかと言いますと、子どもの頃にほとんどの人が取り組んだ経験のある手遊びのため、レクリエーションとして受け入れやすいという特徴があります。 

難易度も様々ありますので、あまり慣れていない人でも難易度を変えて取り組みやすいという特徴があります。

 

さらに、折り紙を通してコミュニケーションが促進されたり、何より完成したときの達成感も得られたりしますので、高齢者の方にとって大きな自信に繋がるといった効果があります。

その他、高齢者の方だけでなく脳の活性化や指の運動、趣味としてなど・・・

実施目的は人それぞれですが、折り紙はリハビリとしても多様に使われています。

 

前置きが長くなりましたが、改めて患者さんが作ってくださった作品をご紹介します。

 

 f:id:sawatarispa:20210611102501p:plain  f:id:sawatarispa:20210611102525p:plain

 

すごくないですか!?クオリティが高すぎて驚きました。

初めて見たとき鶴を折るのがやっとな私にとっては衝撃でした。

 

色合いもとても綺麗なのでリハビリ室に飾ろうと思います。

 

                               記事担当:OT小澤