群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

病院機関誌17

 7月に「真ごころ」17号が発行されました。

 

 今回、リハ部で担当したのは、リハビリを楽に楽しく行う方法と

脳卒中地域連携パスの受け入れ件数推移です。

 

 詳しくはHPをみていただくと良いのですが、ここでは少し解説も加えます。

 

f:id:sawatarispa:20200824170628j:plain

 

 脳卒中リハビリの受け入れ実績に関しては、県内でもかなり上位の実績があります。

 重症度別では、「沢渡」は軽症者は受けてくれないという噂と違い、軽症から重症までまんべんなく受け入れ実績があります(円グラフ参照)。

 

 回復期リハ病棟や地域包括ケア病棟の開設ラッシュで影響は受けましたが、徐々に患者さんも戻ってきていただいています。

 

 多くの患者さんを経験すれば、その分知見が増えていきます。ロボットリハも同様に麻痺改善へのチャレンジもできる事でしょう。

 

 当院のリハビリを是非ご活用ください。

 

                        記事担当:部長さかもと