群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。PTOTSTスタッフを半ば強引に巻き込んでリハビリブログ更新しています。

病院アクセス時のトイレマップ

 毎年、この時期には観光情報など流していましたが、今年は”stay home"ということで、それどころではありません。

 

 今回は、入退院時や外泊時に意外に?大事な、トイレマップについてまとめてみます。

 

 健常者であれば、トイレはコンビニで入ればいいじゃないかと思いますが、当院に入院する患者さんはそうはいきません。そこで、車椅子用のバリアフリートイレがある道の駅を集めました。

 

f:id:sawatarispa:20200501174721j:plain

 まずは、渋川からのマップです。

 

 赤い点が道の駅を表しています。

 

 霊山たけやまは、当院への経路からは外れますので、今回は割愛しますが、渋川からは2箇所の道の駅があります。

 

 まず最初は、

f:id:sawatarispa:20200501174944j:plain

 道の駅こもちです。

 物産が充実していますが、今回はトイレです。図の下の方にトイレがありますが、ここにバリアフリートイレが2箇所あります。

 駐車場にはいつも車があふれていて、常時賑やかな道の駅です。トイレに行くには第一駐車場が良いでしょう。

 

 

 次に、道の駅おのこです。

f:id:sawatarispa:20200501175514j:plain

 場所は、国道353号線で吾妻線の高架をくぐって300m。右側です。

 下の写真、すべてがトイレですが、真ん中にバリアフリートイレがあります。

f:id:sawatarispa:20200501175442j:plain

 最後におまけ

f:id:sawatarispa:20200501180155p:plain

 中之条町のつむじです。

 今はコロナウイルス関連で、カフェなどは営業自粛し、テイクアウトのみのようですが、トイレは使えます。

 こちらにもバリアフリートイレがあります。

 中之条町役場の近く、群馬銀行中之条支店の斜向かいにあります。

 

 入院後にこのようなトイレが使えるかは、担当リハビリスタッフに相談していただければ、実際の練習も行えると思います。今は面会制限で動作指導もできませんが、面会制限が解ければ様々な確認ができると思います。

 

 今回は3箇所、ご紹介しました。

 

                          記事担当:さかもと