群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

アディポネクチン

アディポとは「脂肪」という意味。

ネクチンは「くっつく、接着」という意味で血管の壁などにくっついて修復するという 性質があります。

 

アディポネクチンは脂肪細胞が泌する生理活性物質の一つで、動脈硬化や糖尿病を防ぐ善玉物質。

 

だったら、太った方が血管のためには良いのでは?

 

残念ですが、そんな事はありません。

 

f:id:sawatarispa:20200423170524j:plain

 内臓脂肪が増えると、アディポネクチンは減る。こういう関係にあります。

 

 従って、内臓脂肪は減らす方向で考えた方が良さそうです。

 

 さらに、アディポネクチンにはこんな効果が、、、

 

f:id:sawatarispa:20200423170849j:plain

 

 メタボリックシンドロームに関係する疾患すべてと、がんにも効果があるとのこと。

 万能ですね。

 

 ということは、アディポネクチンを増やせば、健康になれそうです。

 

 そのためには、内臓脂肪を減らすこと。

 

 

 内臓脂肪を減らすには、

 

 1.有酸素運動

 2.筋トレ

 3.野菜等も含め、バランスの良い食事を摂る

 4.カロリーの過剰摂取を控え、食物繊維を摂る

 5.アルコールは控える

 6.早食いしない

 7.よく寝る

 

 デスクワークやテレワークでは内臓脂肪を思いのほか、ため込んでいるようですね。

 できる事から一つずつ、千里の道も一歩から、ローマは1日にしてならず。

 明日から?!がんばっていきましょー。

 

                          記事担当:さかもと