群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

生活年齢よりも体力年齢

 ロコモティブシンドロームを防ぐ運動の一つに、「フロントランジ」というものがあります。

 

 脚の振り出し量をコントロールしないと大変きつい運動になりますので、最初のうちは軽く前に脚を振り出すようにし、慣れてきたら少しずつ広げていけると良いと思います。

 

f:id:sawatarispa:20200422142540j:plain

 

 両足ともに片側を前に広げ、前に踏み出します。腰を下げてとめ、体を起こしながら踏み出した脚を戻します。

 

 脚を前に踏み出す量によって、運動の強さが変わります。従って、自身で無理のない量を調節していただきたいと思います。

 

f:id:sawatarispa:20200422145412p:plain

 これは、各年代で半数の方が立ち上がることのできる台の高さを示しています。

 

 例えば60代では、男女ともに半数以上の方が40cmの高さの台から片脚だけで立ち上がることができます。こういったことを表しています。

 

 70代でも両脚で10cmの台から半数以上の方が立ち上がれるようです。

 

 皆さんは年齢相応以上の動作ができるでしょうか。怪我しないように確認していただきたいと思います。

 

                          記事:部長さかもと