群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

「栄養と運動」

 皆さんこんにちは!!

 暑い日が続いておりますが、体調崩していませんが?水分補給をしっかり行い、熱中症には注意してください☆

 

 今日は栄養と運動についてお話させて頂きます。

 リハビリを行う時に重要なのは食事です!。筋肉はタンパク質から作られ、筋肉はタンパク質の貯蔵源となります。ご飯やお肉等のタンパク質が摂取できないと貧血となり、低栄養状態となります。この状態で高負荷の運動を行うと筋肉は破壊され、筋力低下を行う為に運動を行っているのと同じ事になります。恐ろしいですね。。。

 私たちリハ職員は、患者さんの食事量や体調を把握した上でリハビリの訓練内容を決定しています。食事量・体調が悪い日には負荷量を調整するよう心掛けています。その日の訓練内容としては、立って動作を行う、軽い運動、生活上動作、適度なペースで歩く事を選択します。高負荷の筋力強化では、摂取エネルギー量に対して消費エネルギー量が多くなってしまい、さらに体調を悪化させることがあります。

 患者さんのちょっとした変化にも注意・意識しながらリハビリに取り組んでいます!!

 

         f:id:sawatarispa:20190821135216p:plain

 

皆さまも体調が悪い日には無理をせず、休む時はしっかり休みましょう ☆彡

 

そして明日から元気いっぱいにお仕事頑張ってください!!

 

                            記事担当:PT佐藤