群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

2016-08-15から1日間の記事一覧

嚥下療法の新しい機器準備中

嚥下療法の新しい機器を今月中に稼働させるべく、準備中です。 海外製で嚥下機能に対する電気刺激装置は今までにもありましたが、 当院で採用した理由の一つに、痛みの少ない(ほとんどない)干渉波刺激であると言うことがあります。 低周波刺激は、いままで…